二人の時間を過ごす安全で暖かくて使いやすい家(耐震補強工事)

2014/01/17
  • 耐震補強後、リビング収納設置
    押入れをリビング側とダイニング側両方から半分ずつ使っています。

  • 耐震補強後、ダイニング収納設置
    押入れをリビング側とダイニング側両方から半分ずつ使っています。

  • 耐震補強後、通信機器及び本、ゴミ箱等の収納設置
    耐震補強上、どうしても必要な壁が出来たので、その部分を収納に。

  • 道路に面した寝室を耐震補強のうえ、防音工事
    内壁を一度外して、補強、防音、そして断熱工事を施しました。

  • 和紙を使った、明るく柔らかい建具
    建具を取り替えましたが、もともとの和室にもよくあいます。

before
ビフォー画像
【基本情報】
面積:
間取り:
構造: 在来木造(昭和50年)
家族構成: ご夫婦(70代)
【主な仕上げ】
壁: 耐震補強用構造用合板の上に、腰壁、PB12ミリ下地に和紙貼り
床: 耐震補強用構造用合板28ミリの上に、無垢ナラフローリング
天井: 耐震補強をしたうえに、PB12ミリ下地にクロス貼り
【主な設備】


昭和50年の平屋のお住まいに、70代のご夫婦が二人で住んでおります。東日本大震災以降、耐震補強工事の依頼はとても増えており、当社も、2011年度は8件、2012年度は10件の耐震補強工事をさせていただきました。

ここF様邸は、数年前にダイニングキッチンと水回りのリフォームを済ませており、国や県の耐震補強工事の補助金を受け取るためには、その部分の再リフォームの必要もあり、今回は、国の耐震マニュアルに準じずに、寝室のシェルター化とリビングの壁及び水平面補強、外部からの構造用合板と金物による補強のみにしました。

二人の時間を過ごすために必要な、安全で暖かくて使いやすい住環境を整備し、開放感のある、風通りの良いリビングになりました。

 

価格:

価格情報をご覧頂くには会員登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は以下のフォームから会員登録を行ってください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
*必須項目
【ベターハウジング(有)佐野設備】
担当:佐野三重県鈴鹿市を中心に、四日市市、亀山市、津市にて住宅のリフォーム工事、新築工事を行っています。福祉リフォームに長く取り組んでおりますので、重度の障がいをお持ちの方のリフォームの依頼を、医療機関や市の社会福祉協議会から受けることもあります。ここ5年では、車いすの方のリフォームは数件、全盲の方、脊髄損傷の方、頚椎損傷の方、小人症の方、筋ジストロフィーの方、片麻痺の方のお住まいのリフォームをさせていただきました。

もちろん、水廻り改装工事から内装工事、外装工事、屋根工事、そして外構まで、お住まいのリフォームはなんでも、小さなことでも、喜んで取り組ませていただいております。

また、新築工事は、「外断熱で通気も確保」「土壁を設けて、調湿効果」「日本瓦を葺いて、断熱と通気の確保」「日当たりと風の通り道のある間取り」・・・等をご提案し、冷暖房仕様の極力少ない家つくりを、坪単価65万円を目安に建てさせてもらっております。

(担当:佐野)

住所: 〒510-0223 三重県鈴鹿市若松北1-16-26
電話番号: 059-385-4766
HPアドレス: http://www7b.biglobe.ne.jp/iedukuri/
ブログのアドレス: http://41800389.at.webry.info/

この会社の事例一覧