重度障がい者のためのトイレリフォーム(三重県四日市市)

2012/11/30
before
ビフォー画像
【基本情報】
面積:
間取り:
構造: 在来木造(平成19年)
家族構成: ご主人(頚椎損傷C-5,6 車いす移動)奥さん、子供2人
【主な仕上げ】
壁: 合板t=12㎜のうえにクロス貼り
床: 既設フロア(下貼り28㎜構造用合板、12㎜合板の上にクッションフロア貼り)
天井: 既設流用
【主な設備】


ご主人が交通事故で車いす生活となってしまいました。胸より上部しか動かすことが出来ず、4年のリハビリを経て、自宅での生活スタートの支援をさせていただきました。
一階にあるトイレをご主人とご家族の両方が使えるように工夫し、新たに、ご家族用に二階にもトイレを新設しました。

頚椎損傷C-5,6 という大きな障がいを乗り越えて、自宅生活を行うためには、トイレの整備が不可欠です。排泄行為を行うために、
①ベットから車いすへの移動
②車いすから便器に行くために、移乗台への移動
③移乗台の上をずりばいでの移動
④ズボン、下着の脱着
⑤便器の上に座る
⑥移乗台から車いすへの移動
⑦しびんやカテーテルの洗浄
etc、多くの動作が必要です。胸から下を動かすことが出来ないO様にとって、動作環境を整えたうえでも、二時間かかります。そのために、別にご家族用のトイレを作りました。
また、ご主人自身は、計画的な排泄を行いますので、1週間に2、3回しかトイレを使いません。そのため、普段はご家族の方が一階のトイレを使いますので、移乗台を跳ね上げ式にし、洗浄便座の脱着が行いやすいものを選び、設置しました。

この、重度障がいの方の住環境を整えるには、建築にかかわるプロの手だけでは成功しません。当社は、重度障がい者の住宅リフォームを行う場合、作業療法士、福祉用具製作の専門家、同じ、もしくは近い障がいを持つピアカウンセラー、ケアマネージャー、など、医療関係者や福祉関係者と相談し、意見を聞きながら住環境整備を行っています。

 

価格:

価格情報をご覧頂くには会員登録が必要です。
ユーザーの方はログインしてください。
新規ユーザーの方は以下のフォームから会員登録を行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
【ベターハウジング(有)佐野設備】
担当:佐野三重県鈴鹿市を中心に、四日市市、亀山市、津市にて住宅のリフォーム工事、新築工事を行っています。福祉リフォームに長く取り組んでおりますので、重度の障がいをお持ちの方のリフォームの依頼を、医療機関や市の社会福祉協議会から受けることもあります。ここ5年では、車いすの方のリフォームは数件、全盲の方、脊髄損傷の方、頚椎損傷の方、小人症の方、筋ジストロフィーの方、片麻痺の方のお住まいのリフォームをさせていただきました。

もちろん、水廻り改装工事から内装工事、外装工事、屋根工事、そして外構まで、お住まいのリフォームはなんでも、小さなことでも、喜んで取り組ませていただいております。

また、新築工事は、「外断熱で通気も確保」「土壁を設けて、調湿効果」「日本瓦を葺いて、断熱と通気の確保」「日当たりと風の通り道のある間取り」・・・等をご提案し、冷暖房仕様の極力少ない家つくりを、坪単価65万円を目安に建てさせてもらっております。

(担当:佐野)

住所: 〒510-0223 三重県鈴鹿市若松北1-16-26
電話番号: 059-385-4766
HPアドレス: http://www7b.biglobe.ne.jp/iedukuri/
ブログのアドレス: http://41800389.at.webry.info/

この会社の事例一覧