リフォームの流れ


さて、リフォームしたいけどいつしたらいいのかわからない。
どこに頼めばいいのかわからない。という質問をよく受けます。
タイミングというのは実際あると思いますが、ここなら施工を任せてもいい!というパートナーが見つかったらGOサインです。

 

どこをどんな風にリフォームするのか決める

設備が故障した!という緊急場合を除いて、どうせ工事をするならあれもこれもしたいと思うでしょう。でも現実には予算という大きな壁が。。。
リフォームしたい箇所の順位をつけて優先すべき箇所と、余裕があればする箇所を把握すると決定しやすくなります。
但し、外壁の塗り替えなど足場を必要とする場合は、屋根の工事も一緒にすると2回に分けて工事するよりコストダウンになる場合もあります。

arrow01

事例などを調べ、施工会社を選ぶ

設備が故障した!という緊急場合を除いて、どうせ工事リフォーム専門業者だけでなく、新築物件を主に行っているであろう工務店ゃ設計事務所に度も実はリフォームをしています。HPや見学会などで調べてみて下さい。できたら見学会に行くと雰囲気もわかりますし、わからないことも聞けたりします。建築業者に話かけにくい、、、とは思いますが、実はみんなコミュニケーションしたいのです。

arrow01

打ち合わせ、プラン・見積りを依頼する

自分がどういうリフォームをしたいのか?具体的に伝えなくてはなりません。イメージ写真やカタログなどを見せることが近道です。みえリフォでは準備の段階で自分が好きなイメージやこうしたい!という思いが書き込まれた「スクラップノート」の作成をお勧めしています。説明する側と施工会社とのイメージの食い違いで、後々トラブルになることもありますので詳しく伝えましょう。また、実現したい項目を順位をつけて伝えると予算の範囲で提案をしてくれるかもしれません。

arrow01

施工会社を最終決定する

見積もりは数社とっていいと思います。見積金額は施工会社をきめる一つの要素ですが、金額だけで決めるのではなく、パートナーとしてどうかということも大きな要素です。

arrow01

契約

いよいよ契約です。最終的な仕様などを確認します。わからないことは、小さなことでも聞いておきましょう。

arrow01

着工

工事用の車などが数日止まったり、工事の音もするので近隣の方に一声かけておくと良いでしょう。

arrow01

完成

施工業者と一緒に最終確認を行います。